AGAスキンクリニック リバース

AGAスキンクリニックのリバースについて

AGAが引き起こされる原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)にあるといわれています。男性ホルモンの一種テストステロンが、還元酵素の5αリダクターゼと結びつくことで生成されます。DHTは髪の毛の細胞を攻撃し、髪の毛の成長を抑制させる働きがあります。そのため、DHTが作られることで、薄毛や抜け毛に繋がってしまうといえます。

 

AGAスキンクリニックでは、AGA治療薬として「Rebirth(リバース)」を処方しています。タブレット型の内服薬3種類と、頭皮に直接塗るリキッドタイプの外用薬がセットになっています。これらの薬は、AGAスキンクリニックのオリジナル処方です。

 

リバースの内服薬の主成分

は、それぞれ、「ミノキシジル」「フィナステリド」「ビタミン郡やアミノ酸など」です。

 

 

一つ目のミノキシジルには、血流を促進し、発毛を促す働きがあります。服用することで、血管が拡張されて血流が良くなります。すると、髪の成長に必要な栄養分が細胞に行き渡るようになり、発毛を促します。

 

                       

二つ目のフィナステリドは、AGAの進行を抑える働きがあります。AGAを引き起こす、5αリダクターゼが作り出されるのを阻害し、DHTの生成を抑制させることが出来ます。

 

そのため、髪の毛が抜けづらくなり、成長しやすい環境を作ることが出来ます。フィナステリド自体には髪の毛を増やす作用はありませんが、ミノキシジルと併せて使うことで、発毛促進作用が高まります。

 

ミノキシジルとフィナステリドで髪の毛を成長させる環境が整ったら、成長させる為の栄養分が必要になります。

 

そこで、AGAスキンクリニックでは3つ目のビタミン郡やアミノ酸などが含まれた薬で栄養分を補給して、より強い髪の毛を作り出します。

 

リバースの外用薬の主成分

は、内服薬にも含まれている「ミノキシジル」の他に、「D-パンテノール」という成分です。

 

D-パンテノールはビタミンB郡の一種で、プロビタミンB5とも呼ばれています。細胞の活性化や新陳代謝の活発化という作用があります。

 

こうした成分が含まれているAGAスキンクリニックのオリジナル治療薬「リバース」は、内服薬と外用薬の併用することで体の内側と外側からAGAを改善させる作用があります

 

AGAスキンクリニックでの治療期間は、症状の進行具合で変化します。髪の毛の成長サイクルは比較的長い為、抜け毛が減ったり、髪の毛が増えたりするといった効果を実感するまでには数ヶ月かかります。結果を焦らずに、半年〜1年程度を目安に、「リバース」を続けていくことが重要です。

 

 

>>あなたにリバースが効くか聞いてみたい?

AGAスキンクリニックの治療薬リバースに副作用はあるの?

AGAスキンクリニックのオリジナル治療薬「リバース」は、治療効果が高いのですが、使用する人によっては、動悸やめまい、性欲減退、男性機能低下などの副作用の可能性は否定できません。使用する前に、きちんと専門医に相談しましょう。

 

 

■リバースの主成分は?

リバースは、タブレットタイプの内服薬とリキッドタイプの外用薬があり、主成分は内服薬がミノキジル、フィナステリド、亜鉛になります。

 

リバースの外用薬は、ミノキジルとD-パンテノールという水溶性ビタミンが主成分です。

 

AGAスキンクリニックでは、これらの成分を独自に配合しており、リバースの発毛効果を高めているのですが、配合されている成分には副作用があり使用には注意しなくてはいけません。

 

>>あなたにリバースが効くか聞いてみたい?

 

リバースの配合成分:ミノキシジルの副作用
まず「リバース内服薬」と「リバース外用薬」のどちらにも使われているミノキジルには、血圧を低下させる作用があります。そのため血圧低下からくる動悸やめまい、倦怠感、不整脈が起こることがあるのです。

 

もともとミノキジルは、高血圧ための血管拡張剤として使われており、その治療の過程で発毛効果が確認されたので、発毛剤に使用されるようになりました。

 

つまり血管を拡張して血流を改善するため、髪の毛を作る毛母細胞に酸素や栄養が行き渡るようになり、太い髪の毛を作れようになるのです。しかし血圧を低下させてしまうので、低血圧の症状が出る可能性は否定できません。

 

そのため、普段から低血圧の方や降圧剤を使用している方はスキンクリニックの医師の指導に従いましょうね。相乗効果でさらに血圧を下げてしまう恐れがあるからです。

リバースの配合成分:フィナステリドの副作用
そして「リバース内服薬」に使用されているフィナステリドには、男性ホルモンを減少させる作用があります。そのため性欲減退や勃起不全などの副作用が出るのです。

 

フィナステリドは、AGAの原因であるジデヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑えることができます。そのためAGA治療に用いられているのですが、同時に男性ホルモンの産制を抑制してしまうのです。

 

つまり男性ホルモンの減少によって、性欲減退などの症状が出ると考えられます。国内臨床試験データによると、1%以上5%未満の割合で性欲減退、1%未満の割合で勃起不全の症状が出ると報告されいています。

 

■プラセボ効果
プラセボ効果などの思い込みによる作用もあると考えられますが、使用には注意する必要があるでしょう。

 

他にもリキッドタイプの場合、かゆみや腫れ、炎症などが出ることがあります。皮膚の弱い方は、使用を控えた方が良いでしょう。

 

このように、効果の高いリバースですが、副作用の恐れもあります。使用の際は、スキンクリニックの医師と相談の上で使用するようにしましょう。

 

 

>>無料カウンセリングは公式サイトから

 

▲99.4%の患者さんが4〜6カ月で発毛を実感しています▲

【AGAスキンクリニックのある地域】
東京都千代田区 / 豊島区東池袋 / 台東区上野 / 港区港南 / 渋谷区 / 新宿区西新宿
港区新橋 / 町田市原町田 / 中央区銀座
神奈川県横浜市 / 埼玉県さいたま市 / 千葉県柏市 / 千葉県船橋市 /

 

北海道札幌市 / 青森県青森市 / 宮城県仙台市 / 秋田県秋田市 / 富山県富山市
愛知県名古屋市中区栄 / 名古屋市中村区 / 京都府京都市 /
大阪府大阪市芝田 / 大阪市中央区難波 / 大阪市阿倍野区 / 兵庫県神戸市中央区
岡山県岡山市 / 広島県広島市 / 広島県福山市 / 愛媛県松山市 / 高知県高知市
福岡県福岡市 / 北九州市小倉 / 沖縄県那覇市

 

【女性専門クリニック】
東京都中央区銀座 / 渋谷区 / 新宿区西新宿 / 埼玉県さいたま市 / 北海道札幌市
名古屋市中村区名駅 / 大阪府大阪市 / 福岡県福岡市 / 沖縄県那覇市